歯がボロボロでお金がない。保険治療できる?

歯がボロボロでお金がない。保険治療できる?

「虫歯や歯周病で歯がボロボロなのに、お金がなくて歯の治療ができない」
「歯周病で歯を失ったけれど、治療費が払えないかも」など、
歯を治療したいけれども治療費が気になる方がおられます。
歯科の治療費用の目安や治療費が高額な場合は
どうすればいいのかなどについて説明していきます。

ほとんどの治療は保険適用の診療で

歯科治療の多くは、保険診療が適用されます。
(多くの人が3割負担)
お口の中の状況にもよりますが、
虫歯や歯周病、入れ歯などほとんどの治療は保険で治療をすることができます。

放っておくとさらに治療費が高くなる

虫歯や歯周病など病気は症状が進行すればするほど、
治療の期間も長くなり、費用も高額になってきます。
軽度の虫歯や初期の歯周病は、自覚症状がありません。
早期の治療は、治療費を抑えることができ、通院の回数、かかる時間も
短縮することができます。


治療費を抑えるためにも、早い段階での受診をおすすめします。

むし歯で歯がボロボロ

保険治療の費用の目安(3割負担)

症状が進めば、その分、治療内容が複雑になり、
むし歯一本分の治療は高額になる可能性が高くなってきます。

  • 初期:約1,500〜 3,000円
  • 中度:約2,000〜10,000円
  • 重度:約7,000〜20,000円

アルプス歯科の虫歯の治療について

歯周病で歯がボロボロ

保険治療の費用の目安(3割負担)

歯周病は、歯を支える骨が溶かされてしまう病気です。
一度無くなってしまった骨を元に戻すことは難しく、初期の段階では自覚症状がありません。

  • 初期:約5,000〜10,000円
  • 中度:約10,000〜50,000円
  • 重度:約3,000〜100,000円

アルプス歯科の歯周病治療について

歯がボロボロで抜けそう…保険治療の方法は?

重度の虫歯や歯周病で歯がグラグラで歯を残すことが難しく、抜歯になってしまった場合、
保険の治療では、

  • ブリッジ治療
  • 部分入れ歯
  • 総入れ歯(ほとんどの歯がない場合) 
ブリッジ
ブリッジ
様々な入れ歯
様々な入れ歯

などで歯を失った部分を補うことができます。
各々の費用の目安は

  • ブリッジ:約20,000円〜
  • 部分入れ歯:約1,200円〜
    (治療の範囲や使われる材料によって異なります)
  • 総入れ歯:9,000円〜

保険適用外(自費)の治療として、インプラントや入れ歯の治療もあります
※入れ歯は保険適用のものと、自費のものがあります。

歯を残す治療について
入れ歯の治療について

治療費がない場合はどうしたらいいのか?

通常の保険診療で、ほとんどの治療は受診することができます
アルプス歯科は各種、保険診療に対応しています
保険証をご持参ください。

デンタルローンについて

「手元にお金がない」「まとまった金額がない」時は、
デンタルローンやクレジットカードを利用して支払うこともできますが、
かかりつけの歯科医院がローンやクレジットを取り扱っているかいないかを確認しましょう。
アルプス歯科は自費の診療のみデンタルローンやクレジットをご利用いただけます
保険適用の診療に関しては、申し訳ございませんが
クレジットカードやデンタルローンは取り扱っておりません

収入がない時

生活の状況によって治療費を払えない人や低所得者を対象とした「無料低額診療」があります。
利用の条件や期間は医療機関によって異なり、無料低額診療事業を実施している歯科医院のみで
受診できます


利用を検討される場合は、社会福祉事業所などへお問い合わせください

更に、生活が困窮している場合は、生活保護を受給する方法もあります

※アルプス歯科は、どちらも対象外です。
どうしても医療が受けられないほど困窮された場合の手段であり
これらを推奨しているわけではありません。

医療費控除について

年間に支払った医療費や歯科治療費が一定の金額を超えた場合、
確定申告することで、所得税や住民税が軽減されます。
生計が同じ家族の医療費や処方された医薬品を含めて対象となっており、
控除を受けるためには、自ら申請する必要があります。
デンタルローンの返済も控除の対象です。

どのようにしたら治療費を抑えることができるの?

初期の段階で、虫歯や歯周病を処置すれば、治療期間も費用も抑えることができます。

定期的な検診を受け、虫歯・歯周病の早期発見と
お口の中を清潔にすることが、最も、治療の費用がかからない方法だと思います。

歯科医院のクリーニング

予防歯科でお口の健康を守りましょう
アルプス歯科の予防歯科について

治療費を抑える方法は定期的な検診がポイントです


放っておくと、悪くなる一方で症状が進行すればするほど、治療費はかさみ、治療の期間も長くなってしまいます。

できるだけ早く治療し、まだある歯を守りましょう。
しっかり治療したあと、悪くならないように日々のメンテナンスをしっかり行っていきましょう。
アルプス歯科へお気軽にご相談ください。


アルプス歯科のご予約はこちら

執筆者

野田阪神アルプス歯科
院長/歯科医師/博士(歯学)

橋本 栄

大阪大学歯学部卒
大阪大学大学院 歯学研究科 顎口腔機能再建学講座/有床義歯補綴学・高齢者歯科学分野

よかったらシェアしてね!
閉じる